ヘッディング 6

ノブコ ウエダ Resilience-呼吸Breathe

2020117日(土)~18日(水) 12日(木)休廊

​12:00~18:00

展覧会によせて

 コロナ禍の今年は海外のレジデンスには行くことできず、初めて伊賀の芸術祭のアーティストインレジデンスに参加しました。

今回の個展は伊賀で制作した叩き染めの長襦袢と和紙の船のインスタレーションが空間を埋め尽くします。

 襦袢5点、その背には肺のカタチに植物が染められています。ウィルスではなくて草花の精気で肺が満たされることを願って、そしてそれ等は帆のイメージに見立て和紙の船の上をなびきます。

困難を乗り越えて次へ向かう船出をインスタレーションのカタチで表現しました。

 展覧会内容

インスタレーション(キモノ5点、船7点)

フォトエッチング 6点 絵画 3点

​プロフィール

 

愛知県岡崎市生まれ大学で上京、油絵を学ぶも次第に現代美術に傾倒、Bゼミ、美学校など通い卒業後岡崎に帰り岡崎短大などの講師の仕事の傍ら、名古屋の8号室の活動に参加名古屋を中心に発表する。そのころより石彫制作、シンポジウム参加。1982年より京都に移住、その後和紙による立体造形制作、また版画制作始める。

以後関西中心に活動する。

 

1974年 女子美術短期大学 絵画専攻科研究生修了

<個展>

1976年 スペース8号室、ギャラリーウエストべスなど

    名古屋で個展、企画展参加

1983年 ギャラリー16 以後京都のギャラリーで個展多数

   (はねうさぎ、すずき 、MEISEI、博宝堂、松雲荘)

2010年 ブルジュ市 (ギャラリーアートテンション)

2016年 ベルリン(subjectobject)

2013年 UP2K(大阪)  2014年 ギャラリーウー(大津)

2017年 ギャラリー楓(大阪)

2019年 ポーランドポズナン市

<グループ展、企画展等>

2001年~京都彫刻家協会所属 野外彫刻展(植物園)

    協会展(文化芸術会館)毎年参加

2004年~A-21国際美術展参加

   (大阪、ポーランド、台湾、ドイツ、フランス)

2005年~2018年 関西版画交流展(京都市美術館、鳥取あわや)

2006年~高瀬川彫刻展以後毎回参加

2007年 上勝アートプロジェクト(徳島国文祭)

2011年 フランス、ブルジュ市企画展、

    ポーランド、スプルスク市企画展

    Nobuko&Nobuko展(桑名)

    福島いわきワークショップボランティア参加

2012年 ドイツ、ダルムシュタット滞在

    志摩市民ギャラリー展以降毎年参加

    ニューカレドニア、スペイン(カダケス)企画展

2015年 ケイト・バンホウテン氏との企画展

   (ART FORAM JARFO)白川彫刻展

    ポーランド、Pila,PoznanA21

    アーテイストインレジデンス

    (京都山懐庵、ハンガリBercel)

2018年 デイトン京都版画交流展、日韓美術交流展、

    ハンガリーアートキャンプ

2019年 スプリングフィールド美術館ギャラリートーク(USA)

    4人展(楓ギャラリー)

    びわこ展(大津市歴史博物館) 

    国際交流総合展(京都市美術館別館)

    Book Art 展(京都パラダイス)日韓美術交流展、

    銅版画工房のカレンダー展

    同じ刻を生きる作家展、女流作家作品展、妙なる箱展

    ハンガリーアートキャンプ、

2020年 新春小品展(三鷹) 

    Nobuko&Nobuko (Art Space IGA)

    ”pre reflectin"(Art SpotKorin)高瀬川彫刻展

    A21国際交流展(原田の森ギャラリー)

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon